女「この人触りました」冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女「許して…」警察「それだけはご勘弁を…」
2024/02/01

広告

被害者女性の虚偽告訴により冤罪が生じた男性が、駅員の証言と繊維片検査を提供し、無罪放免となった。さらに男性は、被害者女性が過去にも痴漢騒ぎを起こしており、示談金を得ていたことを指摘した。男性は警察の無能さを指摘し、自身が繊維片検査や着衣検査を受けなかった場合、冤罪が生じていた可能性があることを指摘した。男性が県警の監察室に報告すると告げ、職場で男子社員から歓待を受け、女子社員からは色々な感情で見られたが、最終的には仕事を全て終わらせることになった修羅場の経験をした。

広告

AD
記事
画像集